スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人を尊敬することのもたらす高揚感というのは、口で言ってもわかりません。 現にその高揚感を生きている人と出会うしかないのです』/内田樹

久しぶりにTSUTAYAで浴びるほどCDを借りてきました。
ちょっと前はCDを借りるというのが最大の娯楽だったもので、
喜太郎やRIP SLYME、オリジナル・ラブなど、
聴く機会が3年に1回来るか来ないかのようなものまで
サービスデーが来たらとにかくカゴに放り込んでおりました。

まあ今となっては小説がかろうじて読めるようになったり、
世紀の発明・PSPでもって
水樹奈々先生のLIVE・DVDがいつでも鑑賞可能になったりと、
私の手持ちの娯楽もヴァリエーションが増しました。
あまりTSUTAYAに依存しない生活を送ることができていましたが、
やっぱりね、こう、ふと、何か気になって
猛烈に聴きたくなるアーティストが頭の中に浮かんだりすることってあるじゃないですか。
そんなときに限って手持ちのCDに無い・iTunesにも入っていない、
ってな具合で、
なぜか陰陽座を聴きたくなったついでに久々に色々とCDをレンタルして参った次第です。
以下に列挙いたします。

陰陽座/陰陽珠玉
陰陽座/陰陽雷舞
相対性理論/シフォン主義
上原ひろみ/Spiral
上原ひろみ/another mind
HIROMI'S SONICBLOOM/BEYOND STANDARD
中島みゆき/LOVE OR NOTHING
abingdon boys school/abingdon boys school
the GazzetE/DIM
上松美香/BEST Arco iris

アーティストと借りた理由をちょっと説明するとこんな感じ。

陰陽座
→和風妖怪メタルバンド:なんか聴きたくなったから
相対性理論
→オタクとオヤジを騒がせる新感覚ウィスパー・ポップ:なんか一応
上原ひろみ
→バカテク・プログレ・ジャズピアニスト;そろそろかなと思ったので
中島みゆき
→真実を歌い続ける現代の神の一人:『空と君とのあいだに』がどうしても聴きたかった
abingdon boys school
→TMR西川率いるミクスチャー・デジ・ロック:割かしかっこいいと思っていたので
the GazettE
→ネオ・ヴィジュアル系の頂点:一応新譜なので
上松美香
→アルパ奏者。水樹奈々先生のお友達。:ということは我々にとってもお友達状態であるわけです。


上松美香の新譜(ってもベストですが)が置いてあるなんて、
こういうことがあるからTSUTAYAはあなどれん。
もうとりあえずこりゃ聴くしかない。
水樹奈々先生のお友達ですからね。なんといっても。
勿論、アルパという超レア楽器を操るということで、音楽的な興味もかなりあります。

・・・で、ざっと聴いてみました。
アルパをメインにしたCDははじめてだが、
結構慎ましい感じに仕上がるのだなあという印象。
水樹奈々先生のLIVEでナマアルパを観ているが、
そのときの抑揚のついたダイナミックな印象が少し伝わりにくいのかなあと。
ナマの方が拡がりをずっと感じられやすい、
繊細そうで、録音できっちり音を拾わないと良さが伝わりにくそう、
という外観とは、真逆の本質を持っている楽器なのかもしれない。
IONAのようなフォークロア・ロックみたいなバンドの中で
すごく活きそうな感じがしました。やっぱバッキングの楽器なんだろうなあ。
でもそんな中でメインにアルパ据えてやろうっていう意気込みは素晴らしいと思う。
『生まれゆく時の中で』って曲が一番よかったです。

まあそんな私の拙い感想は置いておき、ですよ。
聴いている間中、私の頭は先月の西武ドームLIVEでいっぱいでした。
LIVEでは上松・水樹が共演する一幕があり、
その際に織り成されたちょっとした、
本当にちょっとしたトークだったのですが・・・
これがえも言われず感動的だったのです。

この上松美香の新譜には
水樹奈々の『SUPER GENERATION』がボートラとして収録されているのですが、
そのことを会場に告げた際に
「奈々ちゃんのことを本当に尊敬していて・・・」
みたいな感じのことを話すんですね、上松美香が。
対する水樹先生は
「えーそんなことないよー」みたいな感じでテレている。
本当に仲の良い女友達同士が、
不意にその好意が「本当の」ものであることを、
はじめてお互いに打ち明けあったような

そんな少し照れくさそうだけれども誇らしそうな、
非常に素晴らしい感触でステージが溢れていました。
人を尊敬することの尊さ、という
ある意味で我々ファンが等しく水樹奈々に対して抱いている(であろう)感情を、
上松美香が代弁してくれていたのかもしれません。

そんな光景が脳裏に浮かんでしまい、
当初の目的だった陰陽座は一度も聴きませんでした
ムックのカップリング・ベストも買っちゃったし、まあ仕方ないか。

水樹奈々・上松美香/Heart shaped chant



なんか曲名偽装してますが、ちゃんと流れます。
もうハンパないっすね。水樹先生は言わずもがなですが、上松美香もやはりすごい。
アルパに顔を近づけて弾く様子が、
マイク・オールドフィールドが子供のようにギターにしがみつきながら
ソロを引き倒す姿を彷彿とさせます。演奏に入り込んでいる。
こういうステージは楽しいだろうなあ。いいなあ。
カスタネットでいいから参加したいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 水樹奈々
ジャンル : 音楽

プロフィール

暗黒聖骸血盟

Author:暗黒聖骸血盟
ちょっと憂鬱で、
真剣なロックをやっております。
バンドだかサークルだか
よくわからないけれども、
とにかく、楽器を演奏して
曲をつくったりして、
たまにアニメや漫画や極まれに社会学や文学の話などもします。
水樹奈々なども
上等な感じであります。

ちなみに我々は、
hikikomori3(Gu/Vo)
は(B)
マツナミヒカル(Dr)
の3人から成ります。

Blog更新はほとんど
マツナミヒカルの仕事です。
つまりマツナミの趣味嗜好が
色濃く反映されるBlogである、
と言えることになりそうですね。
こりゃあ恥ずかしいや!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。