スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血塗れの復活祭/DEAD END『METAMORPHOSIS』

昨日の仕事上がりにアキバ・タワレコに寄って、
なんでCD買うだけなのにこんなに並ばなきゃいけねーんだ!
と吼えたくなるほどに長い列を経て、ついに手に入れましたよ。

DEAD END奇跡の新譜『METAMORPHOSIS』!!!!!!

METAMORPHOSIS(初回生産限定盤)(DVD付)METAMORPHOSIS(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/11/11)
DEAD END

商品詳細を見る


伝説のバンド・DEAD END。
なぜ、伝説なのか。
それは80年代後半の彼らの活動によって、
ハードロックからヴィジュアル系が生まれる基礎が創りだされたからです。
勿論人気も絶大でしたが、
インディーズで脅威の快進撃を続けていた矢先にDrの湊が脱退、
それに伴ってバンド自体も解散してしまったことも、
彼らの存在を「伝説」にまで押し上げた一因でしょう。

そんな彼らの音をゼロ年代に入ってから知った私などは、
もう音源を前に歯噛みですよ。
『チクショーなんてかっこいいんだ!!こんなバンドがもうないなんて・・・』
曲もいいし各パートの存在感も文句なし、なのですが、
とりわけドラムがね、
実に気が利いていて格好いいんですよね。
繊細かつ力強いアタックに、
聴いている人間のツボをちょいとハズすセンス。
しかもそれがイヤみでなくとても自然、且つ曲に嵌っていて、実にユニーク。
こんなフレーズをさらっと叩けたらもう何もいらない!みたいな感じです。
もーなんかこのまんまずっと書き続けそうなんでやめますが、
とにもかくにもカッコイイと。大好きですと。そういうことです。


さてさて、新譜。


いや、実にかっこいい。
普通にハード・ロックの名盤じゃないでしょうか、コレ。
Vo.MORRIEの存在感がやっぱり半端じゃないですね。
ウィスパーやデス調のシャウトなどを交え、
スタイルに非常に幅が出てきている気がします。
詞世界も、相変わらずのカオス且つ過激な物言いで、
独特の響きを持たせることに成功している。
以前より言葉遊びが多く見られ、なんだかお茶目になった印象も伺えます。

楽曲はほとんどがハード・ロック基調のヘヴィなものです。
昔の彼らの音源で言うなら、
『DANSE MACABRE』や『JUNK』のような感じ。
ひずませたYOUのGuリフが終始危険に鳴り響き、
シンプルながらもタイトで力強いリズム隊をそれを下支えする。
そしてそこに乗ってくるMORRIEの声が彩りを加える・・・
骨太なロックに、見事に仕上がっていると思います。
ガンズが好きな人なんかは大好物なんじゃないでしょうかねえ。

とまあここまでいいことを書きましたが、
実は個人的には、
涙を流して喜ぶほどの名盤ではありませんでした。。。
残念!

DEAD ENDの曲には大きく分けて2種類あります。
前期の基本だった前述のハードロック調のもの、
そして、繊細さとメロディラインを押し出した
後期のV系っぽい叙情ロックものです。
私は、後期の叙情溢れる曲の方がずっと好きなんですね、前期よりも・・・
従って、
ハードロック路線を推してきている新譜に対しては、
嬉しいし格好いいとは思うけれども、
ああどうしてあのDEAD ENDがここにはいないのだろう!
と感じてしまうのです。レ・ミゼラブル。

そしてあんなに好きだった湊のDr!
これもまあシンプルで格好いいのですが、
非常にハードロック!って感じでなんだか聴いてて微妙な気持ちになりました。
いや、
彼が大分前にこういったスタイルに変えたってのは聞いていたんですよ。
でも本当にツェッペリンのボンゾみたいに力強くバコンバコン叩きまくってますね。
あの気の利いたフィル・インはもう聴こえない・・・

とはいえ、ですよ。
それはあくまで私個人が求めているDEAD ENDが感じられなかった、
というちょっとしたガッカリなだけであって、
それ以前の大きな期待感、また何かやってくれそう・・・ていうかやってくれ!
みたいなものは頑としてあります。
MORRIEにはそう思わせるものが確かに、まだある気がします。

個別の曲としては、
Tr2『Dress Burning』
Tr5『神猿』
Tr10『冥合』
あたりがお気に入りです。特にDress Burningは非常に格好いい。
ドレスは燃えている!
ってめちゃくちゃDEAD ENDっぽくていいじゃあないですか。
絵まで瞼の裏に浮かんでくるようです。

そうそう、ライブも決定したようです。
東京は11/20に渋谷AXにて。早速チケット買っちゃいました。
Drは湊ではなく、サポートで真矢のようですが、
むしろ真矢の方が繊細さを出したプレイをしてくれるのかなー
と、けしからん期待をしてしまう私でありました。
大変楽しみっす。
是非、この面子で継続して活動してもらって、
コンスタントに作品を発表していってもらいたいです。
そもそも日本のハードロック界自体に非常に元気がないこともありますし、
時代を先取りしすぎたDEAD ENDが
今度は世の中にどのようなインパクトを与えるのか

一音楽ファンとして非常に気になるし、
叶うならば、今のシーンに一石を投じてほしいなあ・・・と切に思うのであります。

応援してます!DEAD END!!

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

暗黒聖骸血盟

Author:暗黒聖骸血盟
ちょっと憂鬱で、
真剣なロックをやっております。
バンドだかサークルだか
よくわからないけれども、
とにかく、楽器を演奏して
曲をつくったりして、
たまにアニメや漫画や極まれに社会学や文学の話などもします。
水樹奈々なども
上等な感じであります。

ちなみに我々は、
hikikomori3(Gu/Vo)
は(B)
マツナミヒカル(Dr)
の3人から成ります。

Blog更新はほとんど
マツナミヒカルの仕事です。
つまりマツナミの趣味嗜好が
色濃く反映されるBlogである、
と言えることになりそうですね。
こりゃあ恥ずかしいや!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。