スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙の声優雑誌

今日久々に腹に据えかねることがありました。

Pick-up Voice(以下PV)という雑誌皆様ご存知でしょうか。
声をピックアップするという途方もなさそうなタイトルですが、
断然声優雑誌です。音楽専科社という出版社から発行されております。

私は声優雑誌には疎く(本当です)
このPVが業界でどういう位置づけの雑誌であるか、
他誌と比較して判断することができないのが申し訳ないのですが、
これだけは間違いなく言える。
とりあえず高い。定価¥1200はない。
カラーページが殆どとは言え、80Pしかないのに¥1000オーバーとは、
この世に正義はないのか、とでも言いたくなってしまいます。

まあたとえ80Pでも、
内容がその値段に足るものであったとしたら
当然こんなことは気にならないはずですが、
内容もひどい。インタビューとデカい写真ばっかですわ。
こんなの編集スタッフ2人くらいでできるだろ!みたいな。
クイックジャパン編集部は編集長入れて4人らしいですよ、音楽専科社さん。
企画に沿った特集やそれに伴う取材なんかも見られないし、
本当に単なる業界広報誌のような体で、
これで雑誌媒体たる使命を果たしているのだろうかと甚だ疑問である。

まあそんなことも究極的にはどうでもいいんですよ。
私がこの雑誌を買ったのは、
水樹奈々先生が一ヶ月前に行った『LIVE DIAMOND』のライブレポのためです。
一ヶ月経ってるし、インタビューくらい載ってるだろうと思うじゃないですか。
ただでさえインタビューだらけの雑誌なわけだし。
ところが載ってない。
外部ライターの文章と、LIVE中の写真+リハの写真ちょこっと。
これで5Pです。もうこれこそ詐欺ですよ。こんなん記事といえるのかと。
朝日小学生新聞の方が余程筋が通った記事らしい体をしていると言えます。

しかしですね、マジで究極の更に奥の話をすれば、
こんなことも別にそんなに腹が立つわけじゃない。
まあそういうこともありますよね、仕事だし、不景気だし、くらいなもんです。
問題は、前述の外部ライターの文章にあります。
冒頭の書き出しの部分を抜粋します。

3万人を集めた初のスタジアムライヴということで、
ドラマツルギーはいくらでも見出せるが、
この日の水樹奈々のパフォーマンス自体は極めて地に足のついたものだったと思う。


いきなりドラマツルギーときましたか。
そういうスノッブぶり希望のアピ文章はロッキン・オンで書きましょう
地に足が~のくだりも水樹奈々に対して実に失礼だと思いますが、
このへんは人のよってはそう思わない人も多い気がするのでまあ置いておき、
続いてLIVE中の寸劇シーンの描写を抜粋。

赤いドレスにピストルを携えて登場。
この曲でイメージした峰不二子になりたかった-
とのことで、歌に入る前にとび蹴りなどの立ち回りを見せた。
ここまで来ると、”ようやるわ”という感じでちょっと笑ったが、
まあ彼女は好きなんだろう、こういうことが。


”ようやるわ”ですか。
これで本当に文章でメシを食っている人間なのだろうか?
よくこれで水樹奈々サイドがOK出したな・・・と思えるような、
稚拙というよりは、失礼な文章だと思う。
そりゃあ彼女はこういうことが好きに決まってる。
事実過去のライブでも何度も寸劇はあった。
しかしそういったライターの主観を出す場合、
状況によって表現を変える必要性があることは、常識があればわかる
このライターが横柄な物言いによってメシを食っているのなら、
それも仕方ないかと思うかもしれないが、
しかしそれにしたって「仕事」として、
また不特定多数の一般大衆に販売する「文章」として、
あまりにも基本的な部分が欠けている代物としか思えない。

斉藤貴志さん、あなたがどれだけ大物かはわかりませんが、
今、あなたの文章は少なくとも一人の読者の反感を買いました。
水樹奈々のライブをもっときちんと取材して、
ご自身の仕事への姿勢を顧みていただけることを切に望みます。

かしこ


長渕剛/豚




不倫したところを抑えられた長渕が、
怒りのメッセージをマスコミに向けて発しています。
実際に不倫してた長渕の怒りは逆ギレにしか見えませんが、
ここだけは共感します。
「買いたい(声優)雑誌がひとつも見つからねえ!」
スポンサーサイト

テーマ : 水樹奈々
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

暗黒聖骸血盟

Author:暗黒聖骸血盟
ちょっと憂鬱で、
真剣なロックをやっております。
バンドだかサークルだか
よくわからないけれども、
とにかく、楽器を演奏して
曲をつくったりして、
たまにアニメや漫画や極まれに社会学や文学の話などもします。
水樹奈々なども
上等な感じであります。

ちなみに我々は、
hikikomori3(Gu/Vo)
は(B)
マツナミヒカル(Dr)
の3人から成ります。

Blog更新はほとんど
マツナミヒカルの仕事です。
つまりマツナミの趣味嗜好が
色濃く反映されるBlogである、
と言えることになりそうですね。
こりゃあ恥ずかしいや!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。