スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Chosen One/Dragonforce『THROUGH THE FIRE AND FLAMES』

ついに今年を締めくくる大行事のあらましが発表されましたね。
勿論、
水樹奈々先生恒例・冬のツアー日程の発表であります。

真夜中に知ったのですが、動悸が早くなってやばかったです。救心状態でした。

2/14(日) 福岡国際会議場メインホール
http://www.marinemesse.or.jp/congress/

2/20(土) 新居浜市民文化センター大ホール
http://www.niihama.or.jp/01/

3/7(日)  仙台サンプラザ
http://www.sendai-sunplaza.com/hall/hall-downroadhtm.htm

3/13.14(土.日) 横浜アリーナ
http://www.yokohama-arena.co.jp/

3/20(土) 大阪城ホール
http://www.osaka-johall.com/

3/27(土) 名古屋ガイシホール
http://www.nespa.or.jp/shisetsu/hall/index.html


全部土日ですね。
しかもスタートはバレンタインという・・・さすが、わかってます。
・・・東京23区在住の私がまず普通に考えるのは、
とりあえず横浜2デイズは絶対に行くしかない、ということです。
で他にどこに行けるかを検討してみると・・・


とりあえず最終日の名古屋は新幹線で1.5時間くらいだし、
千秋楽はやっぱり参加せねば!ってことで行きたい。

そういえば仙台、新幹線で2時間弱で行ける。
しかも親戚も住んでいるわ夏にも訪れたわで土地勘もあるので、
なんか近場って感覚だ。ここも行けるな。

新幹線で2時間っていうと、大阪も2.5時間くらいで行けるのでは・・・
大阪城ホールは西の大ハコだし、一度は行ってみたかった。
関西の奈々ヘッズたちのノリも気になることだし、
ちと足を運んでみようかな・・・と思える。

・・・あ、今回は水樹先生のふるさと・新居浜に凱旋するんじゃねーか!
凱旋するのは確かLIVE FOMULA以来だから2年ぶり、
地元でのリラックスした先生をナマで拝める機会はそうそう多くない
ここも行くべきではないだろうか・・・
それに普通に愛媛には行ってみたいことでもあるし。

おっと、福岡はツアーの出発点なんですね。
これも行ったほうがよさそうだなあ。


-と、皆勤ですね、このままだと。

いやしかしですね、
一応真っ当な社会人として、
2・3月に何かあって休日に出勤しなければならない可能性もあるし、
そもそも体力的にどうなんだとか、
日本全国まわりまくるコストはどんなんだ、それに耐えうるのか俺は、
などと頭を巡る様々な些事。
イヤですねェ、大人ってェやつぁ。ぐじぐじ考えちまって。

と、ここで何気なく水樹先生のHPをチェックしたところ、
「NEWS」コーナーに
『ツアータイトル決定!』の文字が躍っている。
おお!早い!なんだなんだ今回は・・・とクリックすると、

『NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010』

アカデミー。
古代ギリシアにプラトンが開いた『アカデメイア』という学校の名前に因む。
つまり学校。
私が水樹奈々に対して極自然につけてしまう敬称は『先生』
極めつけには、
今回のライブ・ツアーの各公演にはそれぞれ、
『Lesson 1~7』というサブ・タイトルが振られている。

生徒が先生を裏切るなんてことはあるはずもありません。
余裕でFC先行チケット申し込み用紙に全公演分記入しました。


いや、これはなんていうか・・・
自分が想像しているよりずっとでかいところを
水樹先生は見通しているのではないか、
と、改めてその存在の大きさに畏れを抱きましたね。
この「師」不在時代において、
自らの存在をもって我々のかけがえの無いものを教えてくれる水樹先生。
今回は一体何をもたらしてくれるのだろうか。
愉しみすぎてもうなんていうか、
これからライブまでの間にどんなに辛いことがあっても
なんてことなく我慢できてしまう気がします。
これで、生きてゆける。


Dragonforce/THROUGH THE FIRE AND FLAMES




昨日ヨドバシアキバのタワーレコードで、
ドラゴンフォースのCDを3枚手に持ちながら煩悶している方を見かけました。
まだ10月に入ったばかりだというのにロングコートを羽織って、
中世貴族のように、
チェーンをあしらったアクセサリーをジャラジャラぶらさげています。
クツの先っぽも正に尖っている。
アキバのカフェで、
コスプレした声優志望者みたいな10代の女の子3人を引き連れて
カフェでなぜかお話をしている素性不明の人みたいな感じ。

ドラゴンフォースは今メタル界でよくも悪くも最も注目を集めているバンドです。
その高度すぎるCDでのプレイに比して
ライブでの首を傾げたくなるような再現度、
1stから全く方向性のブレることのない、
逆に言えば全く進歩の感じられない音楽性。確かにすごいバンドです。

もう、どれだけ声をかけようかと思いましたよ。

「あなたには、その資格が備わっている!」と。
ドラゴンフォース3枚購入なんて、選ばれし者にしか許されぬ行為ですよ!
迷わず行けよ、行けばわかるさ!

水樹先生のライブに全日程参加しようとしている自分も、
ああ外から見ればこんな感じなのだろうか
と少し思いながら、彼の煩悶する姿を見つめていました。
スポンサーサイト

テーマ : 水樹奈々
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

暗黒聖骸血盟

Author:暗黒聖骸血盟
ちょっと憂鬱で、
真剣なロックをやっております。
バンドだかサークルだか
よくわからないけれども、
とにかく、楽器を演奏して
曲をつくったりして、
たまにアニメや漫画や極まれに社会学や文学の話などもします。
水樹奈々なども
上等な感じであります。

ちなみに我々は、
hikikomori3(Gu/Vo)
は(B)
マツナミヒカル(Dr)
の3人から成ります。

Blog更新はほとんど
マツナミヒカルの仕事です。
つまりマツナミの趣味嗜好が
色濃く反映されるBlogである、
と言えることになりそうですね。
こりゃあ恥ずかしいや!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。