スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

regain our lost commune/Suara『舞い落ちる雪のように』

今期最注目アニメ、WHITE ALBUMの第二期がはじまりましたね。
昨冬の第一期では、
どろどろとしたどうしようもない人間関係をこれでもか!と視聴者にぶつけまくり、
昨今の萌えアニメ慣れした人々の瞳孔を開かせるだけ開かせて、
全くどこにも着地しないままに終わりを迎えたという、
良くも悪くも話題を振りまいたのが印象的でしたが、果たして今回は。

まあとりあえず私の視聴モチベーションとしては
水樹奈々先生が出演されているから、というのが最も大きいのですが、
話の筋としても悪くない。いや、むしろいい。

男女共に極限まで戯画化してしまった現在の漫画・アニメの中で、
等身大の人間を見せていこうという試み・・・
つまり恋人がありながら迫ってくる他の女性になびいたり、
自分にないものを持っている友人を妬ましく思う気持ちがつい言葉に出たり・・・
そういった人間たちが紡ぐよりリアルな関係性の物語は、
極彩色の空想世界の中で異様にうつりますが、一層切れ味は鋭いものです。
おそらく、原作エロゲーのシナリオを書いた人も、
正に一石投じる覚悟で作品に仕上げたのでしょうね。こういう気概は好きです。

とまあ見所は色々あるWHITE ALBUMなのですが、
忘れてはならない前作のもう一つの見所、
いや聴き所、それが、
Suaraの歌うエンディング『舞い落ちる雪のように』です。

Suara/舞い落ちる雪のように



長い動画ですが、一番はじめで歌ってます。

この曲を聴いて私が毎度毎度思い浮かべるのはですね、
幼稚園の先生なんですよ、なぜか。

しかもこう、流れがありまして、
設定としては、その先生はかつて東京(大都会)で働いていた、
しかし今は地元に戻り、そこの幼稚園で先生をやっている、と。
彼女は心に大きな傷があるが、
それを悟らせない明るさと朗らかさでもって園児に接している・・・
なんか段々キモくなってきている気がしますが、続けます。

舞い落ちる あなたの今 静かに積もりささやく
その名前は いつもいつでも 心優しくさせてく
胸の中で 消えることはない

このように静かな心持で日々を過ごす彼女は、
あるふとした瞬間、
それは雨降りの日に道を行き交う傘の花を見たとき、
園児に色鮮やかな折り紙を折ってやっているとき、
帰り道にふと電灯の下で足を止めたとき、
そんなときに忘れがたい過去があったことを意識させられる。
熱を持って疼く胸を抱え、じっと波を引くのを待つ。


舞い落ちる小さな夢 大好きだったあなたの
その言葉は 魔法のように 心優しくさせてく

舞い落ちて 解けてく夢 忘れられないあなたの
その名前は 魔法のように 心切なくさせてく
どんな時も 消えることはない



解けてく夢と知りながら消えることはない痛みを、
従容として悟り受け入れる彼女は、
波の引いた後、また日常へと帰っていく・・・


と、こんなことをいつも思い浮かべて私は、
どうなんでしょうかね、やっぱりマイノリティなのでしょうかね。

ともあれ、Suaraの歌声は、
本当は失われてはいけなかったのに、
失われてしまっている共同体のなつかしさ・あたたかさ

思い起こさせてくれます。

それは、決して田舎の両親を思う懐かしさや
母校や友人への郷愁といった類の感情ではなく、
近所の優しかったおねえさんとか、
迷子になったときに優しく案内してくれたデパートのひととか、
まあお姉さんばっかですが、
そういった今は壊されてしまった共同体の匂いがするのです。
懐かしくもゆかしい感情。

Suara自身が大阪を拠点に活動し、
インドネシア語を大学で学んでいたということも、
ひょっとしたら何か関係があるかもしれません。

ロスト・コミューンを取り戻す歌声・Suaraを、
当Blog、ってか私マツナミヒカルはあつく応援してゆきたい所存です。


蛇足ですが、上記動画には、
影山ヒロノブが母校に帰って体育館でライブするという映像も入っています。
そこでなんと、驚きの展開が!
たまたま実家に帰ってきていた高崎晃(LOUDNESS)
飛び入りでステージにあがり、ギターは弾かずに歌を歌うのです!しかもスウェットで!
いやーまさかの見所。珍品好きな方は是非。
最後の、Suaraと遠藤正明のデュエットライブもかなり聴き応えあります。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

暗黒聖骸血盟

Author:暗黒聖骸血盟
ちょっと憂鬱で、
真剣なロックをやっております。
バンドだかサークルだか
よくわからないけれども、
とにかく、楽器を演奏して
曲をつくったりして、
たまにアニメや漫画や極まれに社会学や文学の話などもします。
水樹奈々なども
上等な感じであります。

ちなみに我々は、
hikikomori3(Gu/Vo)
は(B)
マツナミヒカル(Dr)
の3人から成ります。

Blog更新はほとんど
マツナミヒカルの仕事です。
つまりマツナミの趣味嗜好が
色濃く反映されるBlogである、
と言えることになりそうですね。
こりゃあ恥ずかしいや!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。