スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代日本の病巣/サッカー日本代表岡田監督・TBS軋轢問題

いやはや嘆かわしい。
あ、今日は水樹奈々先生の話題ではありません。
珍しく怒りを覚えることがあったので、そのことについて。

一部報道で、TBS・スーパーサッカーと
サッカー日本代表・岡田監督の間に軋轢がある
と伝えられました。
(その後、岡田監督が正式に認めたようです)
まあ日本マスコミの報じるところですし、
どうってことないものを大げさにしているのかもしれないですが、
ちょっと一言言わずにはおれない。

そもそもの原因は、
TBSの『スーパーサッカー』という番組で、
岡田監督に対して「フランスW杯のカズ外し」について尋ね、
その模様をオンエアしたこと
から、とのことですが、
この話が本当ならば、
代表監督に対して、
いや、
岡田武史という人間そのものに対して、
敬意を欠きすぎている
と思わざるを得ません。

※注
「フランスW杯のカズ外し」とは、
1998年フランスワールドカップの際に、
予選の中心メンバーにして日本サッカー界の象徴だった
「カズ」こと三浦和義を代表メンバーから外し、
社会的な議論にまで発展した事件のこと

閑話休題。

私は当該オンエアを観てはいませんが、
現在の代表を率いる彼にとって、
カズの話は全く異なる次元に位置するものであるはずです。
過去のことを云々しているようなメランコリックな気持ちのままでは、
ワールドカップ予選という厳しく長い戦いを勝ち抜くことは出来ませんし、
(そもそもこの前提をマス・メディアだけでなく多くの人々が忘れてしまっている)
W杯本選で好成績をあげるために代表の強化などできるはずもありません。

また、
大体今更聞く様なことだろうか、という思いも拭えませんね。
あのとき、岡田監督がどんな気持ちでカズを外したか。
そんなことも想像できないような輩がマス・メディアの一員とは。


1993年、あと1分間の差でワールドカップ初出場を逃した「ドーハの悲劇」
その際、岡田監督はNHKのスタジオで解説をしていました。





17分15秒くらいから。

このドーハ直後のコメントを見れば、
サッカーにそれほど明るくなくとも、
彼がどれだけ真剣にサッカーのことを考えているかがわかるはずです。
そんな人間に対して、
過去の問題をヤジウマ精神で今更掘り起こそうとするTV局の不躾さは、
不快を通り越して本当に心底からの怒りを覚える。
カズをなぜ外したか?勝つために決まってるだろうが。
まさか、話題づくりのために外したと思ってるのだろうか。
これほどサッカーのことを愛する人間が、
勝ち負け以外の要素で選手選考をすると思うのか??


岡田監督だけでなく、カズに対しても失礼極まりない話です。
あのときの彼のコメントと態度は、プロの鑑でした。
だからこそカズはほとんど全てのサッカーファンから今尚、愛されているのです。
祖国をワールドカップに出場させるために、
ブラジルからサッカー後進国の日本へ戻ってきたカズ。
一歩一歩、サッカーという競技をメジャーにしていき、
この国にプロ精神を植えつけた彼が、
夢に見たワールドカップを後一歩のところで逃すのです。
普通、そんな男の夢を、ましてや近くで見ていた者が奪えるのでしょうか?
私情を一切差し挟まず、
本当に勝ちたかったからこそ、
サッカーに対して、
そしてカズに対して真剣だったからこそ、できた決断だった
はずです。

あのカズ外しの決断は、
岡田監督の覚悟の表れだった。
それを10年経った今になっても尚理解できないマス・メディアには、
致命的な問題があると言わざるを得ません。


TBSは、ドーハの悲劇、
あるいは日本代表の過去~現在を検証する
非常に良質な2時間ドキュメンタリーでも製作して、
改めて岡田監督に当時の心境を取材すべきだと思います。。
それがマス・メディアとしての、唯一できる禊でしょうから。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スーパーサッカー 岡田 小倉

佐藤寿人について、一人でも多くのサッカーファンの御意見を御願いします! 佐藤寿人について、一人でも多くのサッカーファンの御意見を御願いします!私は、佐藤寿人は、サッカー日本代表FWに必要であると思います。 昨日(7月11日)の浦和戦でも、「御前試合」で

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

暗黒聖骸血盟

Author:暗黒聖骸血盟
ちょっと憂鬱で、
真剣なロックをやっております。
バンドだかサークルだか
よくわからないけれども、
とにかく、楽器を演奏して
曲をつくったりして、
たまにアニメや漫画や極まれに社会学や文学の話などもします。
水樹奈々なども
上等な感じであります。

ちなみに我々は、
hikikomori3(Gu/Vo)
は(B)
マツナミヒカル(Dr)
の3人から成ります。

Blog更新はほとんど
マツナミヒカルの仕事です。
つまりマツナミの趣味嗜好が
色濃く反映されるBlogである、
と言えることになりそうですね。
こりゃあ恥ずかしいや!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。