スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブレポ、どうやってまとめたらいいかよくわからん

さて・・・ライブレポをしようかと思い立ったものの、
一体どうやってレポをあげればいいのか、非常に難しいところです。
何せ7公演全て行きましたからねえ。どうしたもんか。

とりあえず、今回のツアーの総評としては、
『変わる水樹奈々・変わらぬ水樹奈々』ってところでしょうか。

変わる、とは、紅白出場歌手となり、
オリコン1位の偉業も成し遂げた
おしもおされぬ人気歌手・水樹奈々として、
今までのミクロな市場を飛び出そう!という意図の表れであり、
むしろ今の段階でこの部分が強く押し出されるのが自然と言えます。
現在売りどき!って感じでしょうからね。
従って、最近矢継ぎ早に発売されたシングルは、
どれも以前のようなねっとりとした
ある種の濃い「匂い」のようなものが薄れており、
所謂一般向けになっていたように思われます。

しかし、であります。
ここで変わらぬ信念を貫いてくれるのが水樹奈々が水樹奈々たる所以。
古い曲・アルバム曲だけど超ファンに人気がある曲、
なんかを惜しげもなくちゃんと披露してくれました。
また7公演の中で、本当に、丁度いいタイミングで、
少しずつセットリストを変えてきてくれたり、
おなじみバックのチェリーボーイズ・チームヨーダ紹介コーナーも
非常に凝った映像がお披露目されるなどなど、
まさに水樹奈々の真髄はライブにあり、を強く再認識させてくれ、
変わらない良さ、を知らしめてくれたように思います。

まあなんつうかあれですね、
『JUMP』『フリースタイル』聴けて嬉しかったっつうことですかね。
欲を言えば『二人のmemory』『FAKE ANGEL』も聴きたかったんですけどね。
もっと言えば『STAND』『WILD EYES』なんかもね。
矢吹曲ばっかじゃねーか。もうあれだ、矢吹ナイト開催してもらうしかない。

閑話休題。
ということで、
最近のシングル・アルバムにも見られるような
「周囲の変化」を如実に感じ取りながら、
それでも尚以前と変わらぬ熱をもったパフォーマンスが、
全公演に渡って繰り広げられておりました。
なんていってもやっぱり、楽しそうなんですよね、水樹先生。強調文
そんなお御顔を拝見して、また我々は明日への活力とするのです。



さて、もうなんか動画紹介する余裕がないくらい眠いので、
私個人のマイリストから面白そうなのを貼ることにします。

W杯2010予選プレーオフ コスタリカ×ウルグアイ


ウルグアイの国歌斉唱が白眉。
いや、歌はうまいんですよ。まあ顔はちょっとアレなんですけど。
なんでもみあげのところにヒカリものの魚みたいなメイクしてるのかと。
国歌自体も非常にいいと思います。
しかしこんな感じに国歌を歌うってのはいいですよね。
なんか誇らしく歌えるじゃないですか。
深刻一本やりでは成し遂げられないこともあります。
スポンサーサイト

テーマ : 水樹奈々
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

暗黒聖骸血盟

Author:暗黒聖骸血盟
ちょっと憂鬱で、
真剣なロックをやっております。
バンドだかサークルだか
よくわからないけれども、
とにかく、楽器を演奏して
曲をつくったりして、
たまにアニメや漫画や極まれに社会学や文学の話などもします。
水樹奈々なども
上等な感じであります。

ちなみに我々は、
hikikomori3(Gu/Vo)
は(B)
マツナミヒカル(Dr)
の3人から成ります。

Blog更新はほとんど
マツナミヒカルの仕事です。
つまりマツナミの趣味嗜好が
色濃く反映されるBlogである、
と言えることになりそうですね。
こりゃあ恥ずかしいや!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。