スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでいいのだ、これでいいのか

先日、余暇を利用して話題の『エヴァンゲリオン劇場版・破』を鑑賞してきました。
いやー方々で語られているように、バツグンにいいですよコレ。
TV版で人生変わったみたいな20代中盤~後半のオタクは、
もう間違いなく楽しめます。あんしん二重丸。

特撮の申し子たる庵野秀明の本領発揮で、
でかいジオラマ背に、人型マシンと
気の利いた形の敵役との間で繰り広げられる壮絶バトル、
もう迫力満点どころじゃ足りません、って感じです。
使徒の造型や色合いも言わずもがな最高。
神秘的で気持ち悪くておしゃれでユニークで不気味でかっこいい。

勿論映像だけでなく、
人間的葛藤を抱えた「彼ら」がどうやって生きていくのか、も
こってりと描かれており、胃もたれするくらい濃い内容の約2時間。
気合入れればこういうものをつくることもできるのだなあ、と
トップ・アニメーターたちが持つ
クラフトマンシップの真髄を垣間見たような気持ちになりました。
かっこいいぞ、あなたがた!みたいな。

で、肝心の感想なんですが、個人的には、
すっげー面白い、いや、だが・・・って感じでしょうか。
ややネタバレですが、
ラストに近いあたりでシンジが
『これでいいんだ』とつぶやく印象的なシーンがあります。
勿論このシンジはTV版とは異なる人格のシンジです。
そのシンジが置かれているシチュエーションを鑑みて、
スクリーンを前にした私の耳には、
筋肉少女帯の「これでいいのだ」が流れていました。

いや、なんつーかよくないんですよ!
シンジくんがこんななんとなく試練を乗り越えて、
それでよし、なんて許されるはずがないわけです。
胃を掻き毟り血ヘド吐きながら泥だらけの足でずるずると、
這い蹲るように進んで欲しいわけです。
極論を言えば、庵野秀明は幸せにならないほうが多分いい!
ということになるでしょうか・・・
しかしこういう、昔の彼を忘れられずに吼えまくる
へそ曲がりでガキのまんまな視聴者に対しても、
ちゃんと彼は金平糖を与えている。そこにシビれる。

「You can (not) advance.」
これが本作のサブ・タイトルなわけです。
彼自身のことを言っているのか、
視聴者に突きつけている言葉なのか、
真意は図りかねますが、実に甘美な響きがあります。
この『破』がどこへ続くのか、
まあきちんと続きを描く気が本当は無いかもしれませんが、
いずれにせよ、庵野秀明はどう変わったのか、
という部分はまだはっきりとは見えてきません。
ひょっとしたら、
彼はもう自分自身のために作品をつくることを止めてしまったのか、
だとすれば序・破2作の方向性自体が今の庵野秀明に他ならないわけですが、
でもそう思いたくはないので、2年でも3年でも次作を待ちます。

とりあえず『エヴァ・破』、
そんな覚悟ができる作品であることは少なくとも間違いないと思います。

筋肉少女帯/モーレツア太郎



庵野秀明、次で盛大に啓蒙してくれよ!

テーマ : ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
ジャンル : 映画

No Pain,No Gain

いやはやこんばんは。
唐突ですが、皆さんニコニコ動画お好きでしょうか。
多分ネット上においては「好き」派が大勢を占めると思います。
そんな私はどうかといえば、

「受け手の主体性を押しつぶす傾向がある動画メディアは
手放しで褒められたものではないし、
やはり自分も視ているうちにどんどん自堕落になることがわかる(経験済)ため、
なるだけ視ないようにはしているが、
生活時間と合わずにリアルタイムで視聴できなかったスポーツのハイライト、
あるいは普通に生活している中で出会うことが難しいお宝映像、
素晴らしい動画職人たちの匠の業たち、
などに出会うことはやぶさかではない、
従って、
それらを『主体的に求める』という一点の限定条件のもとで
ニコニコ動画にログインすることには、賛成である」

とても長いですが、
つまり本当はどこまでも自堕落に行きたいのに我慢してるってことですね。
とまあ、そんなスタンスで本日も
コンフェデレーションズ・カップ準決勝『ブラジル×南アフリカ共和国』
で炸裂したらしいダニ・アウベスのFKを視ようと(私はバルサ贔屓なのです)、
ニコニコ動画のスポーツ・タグをクリックして徘徊していたところ、
全く偶然に、先にあげた3つの限定条件のうちの一つ、
「卓越した職人の業」に出会ってしまいました。
こんな素晴らしい動画をシェアしないのは忍びないのでここでご紹介致します。

ちなみに、プロレス・エヴァンゲリオン・パチスロに造詣が深いとすごく楽しめます。
私は前二つがちょっぴり、最後はからっきしなのに面白かったので、
多分誰が視てもわかるようなつくりにはなっているはず。



長州は誰がみても面白いでしょ!
と思う自分が既に致命的に間違ってしまっている気がした丑三つ時。
では、マツナミでした。
プロフィール

暗黒聖骸血盟

Author:暗黒聖骸血盟
ちょっと憂鬱で、
真剣なロックをやっております。
バンドだかサークルだか
よくわからないけれども、
とにかく、楽器を演奏して
曲をつくったりして、
たまにアニメや漫画や極まれに社会学や文学の話などもします。
水樹奈々なども
上等な感じであります。

ちなみに我々は、
hikikomori3(Gu/Vo)
は(B)
マツナミヒカル(Dr)
の3人から成ります。

Blog更新はほとんど
マツナミヒカルの仕事です。
つまりマツナミの趣味嗜好が
色濃く反映されるBlogである、
と言えることになりそうですね。
こりゃあ恥ずかしいや!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。