スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合理化される儀礼/Blk Jks『Lakeside Music』

先日、大学時代の友人が結婚するとのことで、
うまれてはじめて結婚式というものに出席してきました。

二次会には何度か出たことがあるのですが、
式そのもの+披露宴は物心ついてからは、はじめてです。
まず作法がよくわからないわ、
会場には全然知らない人がすげーたくさんいるわ、
遅刻しそうになって慌ててタクシー捕まえるわで、
非常にギリギリ感あふれる出席となってしまい汗だくだったのですが、
まあはじまってしまうとびっくり。

結婚式って、こんなに流れ作業的に行うものなのか!

と感心しきりですよ。
やっぱ椿山荘はハンパないですね。
他にも結婚式をあげている人々が何組もあり、
そのなんというか、通過儀礼の産業化たるや、
友人には申し訳ないのですが、
火葬場を訪れたときに感じた感覚と似ている気がします。

本当はもっと厳かに執り行うべきなんでしょうが、
現代人にそんな時間はない。しかし形はしっかりやりたい、と。
合理化の極地であって、
やはり儀式という感じは薄かったように思えます。
もうちょっとオリジナリティがあると面白いと思うんですけどねえ。
まあ私が愉しんでも仕方ないんですけれどもね。


BLK JKS/Lakeside Music





全く結婚式と関係ありませんが、
最近お気に入りのバンド、ブラック・ジャックスです。
このだらだらした感じ・・・
しかしだらだらしながらもエスニックな味わいが、コクがあって堪らない。

南アフリカ出身で、アメリカで最近デビューした人たちのようです。
アキバのタワレコで仰々しくピック・アップされており、
まーたタワレコのバイヤーが騒いじゃって・・・
とか一人ごちながら試聴したところ、
「騒ぐわ、こりゃ!」ってな出来でレジに走りました。

音楽的に見て面白いところは非常に多いと思います。
が、私がこのバンドのどこを最も気に入っているのかというと、
それは「やさしさ」です。

猥雑に鳴らされる音の裏に感じられるやさしさ。
『じゃがたら』や『村下孝蔵』の持つやさしさとどこか似ている気がします。
市井のやさしさ、とでも言いましょうか。
激しく自己主張するわけではない、
控えめな、しかし暖かい眼差しをBlk Jksは持っている気がします。

タワレコではマーズ・ヴォルタと比較されていましたが、
確かに音楽的には近いものはあっても、得られる印象は全くの逆です。
マーズ・ヴォルタから感じられる
新しいものへの渇望感や闘争心のようなものは、
ブラック・ジャックスからは全く感じられません。
むしろ諦観がそこには漂ってすらいます。

まあとにかく、これは面白いバンドだと思いますよ!
ロック好きも民族音楽好きも是非。水樹奈々好きもよかったら。
あ、そうそう水樹奈々といえば、
椿山荘からの帰り道、
聖地キング・レコード本社と聖なる砦・キングの関口台スタジオを発見。
結婚式本番より興奮してしまった私は、必死にカメラを向けておりましたとさ。

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

regain our lost commune/Suara『舞い落ちる雪のように』

今期最注目アニメ、WHITE ALBUMの第二期がはじまりましたね。
昨冬の第一期では、
どろどろとしたどうしようもない人間関係をこれでもか!と視聴者にぶつけまくり、
昨今の萌えアニメ慣れした人々の瞳孔を開かせるだけ開かせて、
全くどこにも着地しないままに終わりを迎えたという、
良くも悪くも話題を振りまいたのが印象的でしたが、果たして今回は。

まあとりあえず私の視聴モチベーションとしては
水樹奈々先生が出演されているから、というのが最も大きいのですが、
話の筋としても悪くない。いや、むしろいい。

男女共に極限まで戯画化してしまった現在の漫画・アニメの中で、
等身大の人間を見せていこうという試み・・・
つまり恋人がありながら迫ってくる他の女性になびいたり、
自分にないものを持っている友人を妬ましく思う気持ちがつい言葉に出たり・・・
そういった人間たちが紡ぐよりリアルな関係性の物語は、
極彩色の空想世界の中で異様にうつりますが、一層切れ味は鋭いものです。
おそらく、原作エロゲーのシナリオを書いた人も、
正に一石投じる覚悟で作品に仕上げたのでしょうね。こういう気概は好きです。

とまあ見所は色々あるWHITE ALBUMなのですが、
忘れてはならない前作のもう一つの見所、
いや聴き所、それが、
Suaraの歌うエンディング『舞い落ちる雪のように』です。

Suara/舞い落ちる雪のように



長い動画ですが、一番はじめで歌ってます。

この曲を聴いて私が毎度毎度思い浮かべるのはですね、
幼稚園の先生なんですよ、なぜか。

しかもこう、流れがありまして、
設定としては、その先生はかつて東京(大都会)で働いていた、
しかし今は地元に戻り、そこの幼稚園で先生をやっている、と。
彼女は心に大きな傷があるが、
それを悟らせない明るさと朗らかさでもって園児に接している・・・
なんか段々キモくなってきている気がしますが、続けます。

舞い落ちる あなたの今 静かに積もりささやく
その名前は いつもいつでも 心優しくさせてく
胸の中で 消えることはない

このように静かな心持で日々を過ごす彼女は、
あるふとした瞬間、
それは雨降りの日に道を行き交う傘の花を見たとき、
園児に色鮮やかな折り紙を折ってやっているとき、
帰り道にふと電灯の下で足を止めたとき、
そんなときに忘れがたい過去があったことを意識させられる。
熱を持って疼く胸を抱え、じっと波を引くのを待つ。


舞い落ちる小さな夢 大好きだったあなたの
その言葉は 魔法のように 心優しくさせてく

舞い落ちて 解けてく夢 忘れられないあなたの
その名前は 魔法のように 心切なくさせてく
どんな時も 消えることはない



解けてく夢と知りながら消えることはない痛みを、
従容として悟り受け入れる彼女は、
波の引いた後、また日常へと帰っていく・・・


と、こんなことをいつも思い浮かべて私は、
どうなんでしょうかね、やっぱりマイノリティなのでしょうかね。

ともあれ、Suaraの歌声は、
本当は失われてはいけなかったのに、
失われてしまっている共同体のなつかしさ・あたたかさ

思い起こさせてくれます。

それは、決して田舎の両親を思う懐かしさや
母校や友人への郷愁といった類の感情ではなく、
近所の優しかったおねえさんとか、
迷子になったときに優しく案内してくれたデパートのひととか、
まあお姉さんばっかですが、
そういった今は壊されてしまった共同体の匂いがするのです。
懐かしくもゆかしい感情。

Suara自身が大阪を拠点に活動し、
インドネシア語を大学で学んでいたということも、
ひょっとしたら何か関係があるかもしれません。

ロスト・コミューンを取り戻す歌声・Suaraを、
当Blog、ってか私マツナミヒカルはあつく応援してゆきたい所存です。


蛇足ですが、上記動画には、
影山ヒロノブが母校に帰って体育館でライブするという映像も入っています。
そこでなんと、驚きの展開が!
たまたま実家に帰ってきていた高崎晃(LOUDNESS)
飛び入りでステージにあがり、ギターは弾かずに歌を歌うのです!しかもスウェットで!
いやーまさかの見所。珍品好きな方は是非。
最後の、Suaraと遠藤正明のデュエットライブもかなり聴き応えあります。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

strangeways here we come/『JEALOUS』Dir en grey

今日の帰り道、
イヤホンで音楽を聴きながら家路を急いでいると、
信号待ちの人だかりの中で、
明らかに避けられている人がいるのに気づきました。
彼は若い男性で、ボウズ頭に黄色いボウシを被っています。

なんで遠巻きにされているのだろうか・・・と思った刹那、
イヤホンごしに野太い歌声が聞こえてきました。
もう小学校低学年の音楽の授業並みに精一杯のうたごえです。
なるほど、
こりゃバ○ダイなんかのエリートサラリーマンあたりは敬遠するわ・・・
と、信号の後ろにそびえるバン○イ本社を横目に納得。

ちょいとヤジウマ心が生まれ何を歌っているのか耳を済ませたところ、
「やだねったら やだねぇ~♪」
と気持ちよさそうなフレーズが。
箱根八里の半次郎、氷川きよしか!
てっきり「みんなのうた」系か
幼年向けアニメソングと見ていた自分の予測は見事裏切られました。

・・・なに、私は敬遠しないのかと?
さすがに、一緒になってやだねったら~と歌う気は起きませんが、
よほど氷川きよしがすきなんだな~くらいの気持ちは抱きこそすれ、
うわぁー・・・みたいな感覚はない。
好きだったら歌っちゃうのは仕様が無い、みたいなところでしょうか。
なぜなら、氷川の彼に結構シンパシーを感じるからです。

実は、私は電車であれ街中であれ、
始終音楽を聴きながらパタパタ手足を動かす、
エア・ドラム症候群に罹患してしまっている!
もうところ構わず、人がいようがいまいがお構いなし、
というのを中学生の時分より続けたところ、
電車で四肢を必死に動かす私を見た人のうち、
6割くらいに怪訝な顔をされるくらい、
かなり残念なレベルにまで到達することができるようになりました。
でも多分ドラム技術の向上にほんの少しくらいは寄与しているはずです!

ドラマーはもとより、他の楽器の方々も、
音楽を聴いていたら自然と自分のパートを追って演奏するマネをしてしまうものだと
思っているのですが、全く見かけない
一人だけマジでピアノを弾(いているマネ)く人を電車で見たことがありますが、
当然、ものすごくヘンな画でした。だからやらないのか。
でも手足を動かしながら僕らは
「だよね」みたいなアイコンタクトを交し合った記憶があります。

音楽と身体性はかなり深い部分でシンクロしていると思いますが、
日常レベルで体現している人はあまりいないのでしょう。
ラテンや黒人音楽に親しんでいると、
こういった文化が身に染み付くようになると思いますが、
この先絶対日本にそんな日はこないでしょうね。
つまり永遠に我々はストレンジャーであり、マイノリティである。
でも、氷川きよしの彼も僕も、歌い続け、叩き続けます。
俺たちはこの長い男坂を、まだのぼりはじめたばかりだからよ!

JEALOUS/Dir en grey




イントロのピアノ伴奏が終わってか呟かれる
「JEALOUS」がかっこいいですね。これぞ!って感じです。
しかしDir en greyの演奏はヘタだヘタだと、
当時高校生だった僕らキッズは騒いでいたわけですが、
(当然比較対象は海外メタルバンド、そりゃヘタに聴こえるわ)
今まじめに聴くと、今持っているDirの良さを、
この頃からもそのまま感じられます。演奏の善し悪しから離れた魅力です。

京サマの艶のある声、美麗なメロディ・センス、
いつズレるか不安になるくらい手数の多いドラム
そしてアクセントやリズムをちょっとズラしてくる気の利かせ方、
今のDirの良さはその数点を大分拡大させたものに思えます。
昨今、再びヴィジュアル系が流行の兆しを見せていますが、
近頃デビューしているどんなバンドとも、
やはり比べるべくも無くオリジナリティがあり、尚且つ光っています。別格。
V系に根性が必要とされた最後の世代という感じですね。
やはり根性は大事だ。

テーマ : ヴィジュアル
ジャンル : 音楽

大事なことは何一つ変わっていない、そうだ、We're Alive!/Suara『トモシビ』

先日、歌手のSuaraさんがご結婚されたようです。
おめでとうございます。
と、一介の賃金労働者たる私が言ったとして
何になるだろうかとは思わないでもない
ですが、
結構好きな歌手へのお祝いの気持ちからということで。

さて、最近は結婚報告をBlogで行う方も増えているようで、
今回のSuaraのケースもそうだったのですが、
BlogはTVなどとは異なり、ファンの反応がコメント欄で生々しく見えるのが面白い。

なぜか。

まず彼女は、
美少女ゲーム・メーカーLeaf系列のアクアプラスというブランドに所属しています。
歌手としては珍しいような気もしますが、
かの田村ゆかりもかつてコナミに在籍していたことがありますし、
業界的には割と一般的なのかもしれません。
・・・閑話休題。美少女ゲームユーザーの9割は多分男性です。たぶんそうです。
Suaraはこの界隈で曲を発表してきたわけです。
畢竟、彼女の曲を耳にする機会が多いのは、圧倒的に男性である。
しかもオタクの、ということになります。
そこからファンになる人が出てくるのですから、
Suaraファンの7~8割は男性である、と言っても過言ではないでしょう。

嗚呼、その男性ファンの心境たるや如何なるものだろう。
「とりあえず祝福します!」「びっくりしました!」的コメントが多い中、
一層光るあるコメントを見つけました。以下編集の上抜粋です。

~略~
月並みですがご結婚、本当におめでとうございます!
最初に日記を拝見した時は驚き思わず声が出てしまいましたが(笑
とても喜ばしいことだと思いますし、驚きはしましたが、
今また曲を聴いていて、
何があってもやっぱり自分は心からSuaraさんの声が、
曲が大好きなんだなぁと再確認出来た
気がします。
大事なことは何一つ変わってないんだなと。

うまく言えませんが精一杯の祝福と夫婦円満の願いを送りたいです!
心のままに良い家庭を築いていって下さい。
~略~


この、なぜか聞かれてもいないのに弁解してしまう心境・・・
いや、邪な思いであなたを応援していたんじゃないんですよ・・・!
みたいなことを言わないと、
自分の中で整理がつかないのだと思います。
別に期待してたとか、勿論そういうんじゃあきっとないんですよ。
なぜか私には手に取るようにわかってしまうのです。
その微妙な心理・・・なんでしょうかね。うん。
しかし、あなたが言うように、
大事なことは何一つ変わっていないのです。その通りです。
彼女の歌に出会って、あなたがどう生きるかが肝要なのです。
このコメントを残したあなたのまっすぐな正直さに、乾杯。
少なくとも私の心には響きましたよ。
まあ響いて何なんだ、って話ではあるのですけれども。


Suara/トモシビ




超名曲。
ちょっとあれですね、
ゼロ年代オタクたちは鳥の詩とか有難がっていないで
こういうホネのある曲も時には聴いてもらいたいもんだなと思います。
作詞作曲:巽明子(Suaraの本名)というのもまたアツい。
彼女はデビューに際して大分苦労しているようで、
25歳でそれを果たす以前にはかなり長い道のりがあったようです。

水樹先生やKOTOKOもそうですが、
そういう苦労を味わっている人が歌う自己啓発ソングは、
詩の言葉が持つ意味以上に胸に沁みてくるケースがあります。
「納得できる曲」とでも言いましょうか。
勿論このトモシビもそういった曲で、実に沁みる。ぐっとくる。

そして白眉はこの声。
透明で伸びがある、といえばなんだか簡単ですが、
それだけでは説明がつかない、
えもいわれぬ懐かしさや暖かさが、確かにある声だと思います。
このニコニコ動画でもコメント数180に対してマイリストが500弱と、
逆転現象が起こっていますし、
やはり聴き手の心に何かを喚起する歌手であることは間違いないでしょう。
この人が童謡とか歌ったらものすごいことになりそうな気がする。

正月にワンマンが2デイズあるのですが、どちらかに行こうかな。
アニサマで聴きましたが、もう一度じっくりナマで聴いてみたい歌声です。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

訂正とお詫び

アクセス解析みたらいつもの倍くらいPVがあってびっくりしたのですが、
さすが筋少帯ってところでしょうか。

びっくりついでに記事を読み直してみたら、
大変大きな、
ファンにとっては「ふざけんじゃねーぞ!」って誤りがあったので訂正いたします。

×筋少が解散したのは、大槻ケンヂと内田の不仲からなのです
○筋少が解散したのは、オーケン・内田とその他メンバーの不仲からなのです

オーケンと内田の仲が悪くなったのは、筋少の後、特撮のほうでしたね。
なんかこう、ライブでも一緒ですが、
あやふやな知識のまま適当にやっちまう癖ってのはどうもよくないですね・・・
どうもすみませんでした。

しかしあれですね、
タイムリーなネタを記事にすると、
やっぱりアクセスって増えるものなんですねえ・・・
webの速報性はBlogにも当然適用されるということに、
今更ながら気づきました。
アニサマの感想記事にしたときも結構アクセスありましたし。
次は、先日結婚された(おめでとうございます!)ということで
HOTなSuaraをとりあげようと思ったのですが、
一般的にはHOTではない・・・ですよね。
うむ。やはり嗜好性からは逃れられないんですかね。

オマケ動画

第三回 カオスメタルランキング TOP10




カオスなメタルのPVたちがランキング形式で紹介されています。
私の好きなヨーロッパのメタルというものが、よく表れている動画だと思います。
個人的には空メタルがお気に入り。衝撃的です。
しかしメタルのこういう方向性(お笑い・ネタ)を決定付けたのって、
やはりメタルゴッド・JUDAS PRIESTなんですかね。
マサ伊藤先生かキャプテン和田(二人ともメタル界で著名な評論家)
あたりが体系化して本でも出さないだろうか。買うのに。

ともあれ、人気バンドもあればクソメタルもあり、
だけどみんなマジメにメタル一筋の心意気を見せてくれています。
是非笑ってください。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

暗黒聖骸血盟

Author:暗黒聖骸血盟
ちょっと憂鬱で、
真剣なロックをやっております。
バンドだかサークルだか
よくわからないけれども、
とにかく、楽器を演奏して
曲をつくったりして、
たまにアニメや漫画や極まれに社会学や文学の話などもします。
水樹奈々なども
上等な感じであります。

ちなみに我々は、
hikikomori3(Gu/Vo)
は(B)
マツナミヒカル(Dr)
の3人から成ります。

Blog更新はほとんど
マツナミヒカルの仕事です。
つまりマツナミの趣味嗜好が
色濃く反映されるBlogである、
と言えることになりそうですね。
こりゃあ恥ずかしいや!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。